家族全員が快適に暮らすための注文住宅|家づくりサクセス

選ぶポイント

man

江戸川区の新築一戸建てを購入する際のポイントは、購入先をしっかり確認しておくことです。新築一戸建てと言っても、物件によってそれぞれ売り主は異なります。不動産会社から直接購入するパターンもあれば、仲介会社を介して購入するパターンもあります。後者の場合は、仲介手数料が発生するので確認しておくことが大切です。また、まだ完成していない江戸川区の新築一戸建てを購入する場合、設備や契約内容に注意しておいたほうが良いです。未完成の住宅を購入するときは、モデルハウスを見学するのが一般的です。しかし、実際の建物とモデルハウスでは使用が違うこともあるので、違いを確認しておいたほうが良いでしょう。

江戸川区で新築一戸建てを購入するなら、不動産会社の閑散期を狙ったほうが良いです。4月~6月、9月~11月などの繁忙期に家探しをしてしまうと、担当の方にゆっくり話を聞いてもらうのが難しくなります。閑散期なら、相手もじっくりと話を聞いてくれるので、スムーズに家探しを進めることができます。江戸川区で新築一戸建てを購入する場合、建売住宅と注文住宅の2種類に分けることができます。建売住宅は土地と建物がセットで販売されていて、注文住宅の場合は別々で購入する必要があります。建売住宅は、注文住宅よりも安く購入できることが多いですが、間取りやデザインなどは自分で決めることはできません。それに対して、注文住宅の場合はお金と時間はかかってしまいますが、希望を反映した家を手に入れることができます。同じ新築の一戸建てでも大きな違いがあるので、しっかり把握しておいたほうが良いです。